why: ​​​​​​​
Does society have to impose restrictions on citizens in order to survive the pandemic?

パンデミックから身を守るためには、社会から制約を押し付けなければいけないのか。



The first case of the new coronavirus infection (COVID-19) was confirmed in December 2019 in Wuhan, China, and has quickly spread all around the world. It has become one of the largest infectious diseases in History, comparable to the Spanish flu that infected about 500 million people worldwide causing tens of millions of deaths about 100 years ago. COVID-19 has made more than one million deaths worldwide (as of October 25, 2020), shutting down cities and slowing down economic activity, resulting in the largest post-war recession.
Our way of life has changed drastically, with no predicting of the complete retreat of the disease. We are forced to respect social distances and wear masks to prevent further spread of the virus. In this current situation, which is expected to last for long, is there any way to make the social new regulations as "fun" as possible?






2019年12月に中国・武漢で最初の症例が確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、瞬く間に世界中に広がりました。およそ100年前に世界中で約5億人が感染し、数千万人の死者を出した「スペインかぜ」に匹敵し得る人類史上最大規模の感染症となっています。この感染症によってすでに全世界で100万人以上の命が失われ(2020年10月25日現在)、都市の封鎖、経済活動の停滞によって戦後最大の不況が訪れています。​​​​​​​​​​​​​​
完全収束までの見通しがいまだに立たず、これ以上の感染拡大を防ぐためにソーシャルディスタンシングやマスクの着用が余儀なくされるなど、私たちの生活様式は大きく変化しています。こうした状況が今後もしばらく続くことが予想される中、ソーシャルディスタンシングという社会的な制約を、少しでも前向きに「楽しく」実現するための方法はないのでしょうか。




how: 
Playing "music" with social distancing

ソーシャルディスタンスで「音楽」を奏でる



Considering the spread of COVID-19, Eisuke Tachikawa, CEO of NOSIGNER, launched PANDAID, a collaborative website to survive the pandemic. The posters he presented on the website to emphasise the importance of "social distance" went viral on social media, and PANDAID is now known worldwide as an infectious disease countermeasure website making the most of the power of design.
We developed a brand new "SOCIAL HARMONY" in order to spread the culture of social distancing in a humorous way. In SOCIAL HARMONY's installation, which harnesses the power of classical music and cultural art to fight COVID-19, people stand on a large music sheet on the floor and notes are played the moment you step on them. By respecting social distances and going one note at a time, the public is able to play the "Gymnopédie nº1" by Eric Satie. Since the played melody changes with every step, one can create one’s own "Gymnopédie », unique to this place, time and person. As a result, the act of social distancing itself is sublimated into a rich communication that connects people together.





新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NOSIGNERの太刀川英輔は、パンデミックから命を守るための共同編集型のウェブサイト「PANDAID」を立ち上げました。同サイトで発表した「ソーシャルディスタンス」の重要性を伝えるポスターがSNS上で拡散されるなど、いまやPANDAIDは、デザインの力を最大限に活用した感染症対策サイトとして世界的に知られるものとなっています。
ソーシャルディスタンスの文化を楽しく街中に広めることを目指すため、私たちは「SOCIAL HARMONY」を新たに開発しました。クラシック音楽や文化芸術の力を新型コロナ対策に活かす「SOCIAL HARMONY」のインスタレーションでは、人々が床に描かれた大きな楽譜上の音符に立ってソーシャルディスタンスを保つことでエリック・サティの「ジムノペディ」のハーモニーが奏でられます。楽譜は踏んだ瞬間に音が鳴るため、奏でられるメロディはその都度変わり、その場/その人たちによってしか演奏され得ない一期一会の「ジムノペディ」が空間を彩ります。その結果、ソーシャルディスタンシングという行為自体が、人々をつなぐ豊かなコミュニケーションへと昇華します。




will: 
Towards a society that practices measures against infectious diseases humorously​​​​​​​

感染症対策を楽しく実践する社会へ



SOCIAL HARMONY has already been placed at the Yokohama Minatomirai Hall and at the entrance to the DESIGNART TOKYO 2020 design event, and we aim to expand its use to many more areas by strengthening our cooperation with local governments, public facilities, and store personnel. In addition to "Gymnopédie nº1" we will prepare songs that match the seasons and events to make infectious disease prevention a fun message. Our goal is to make society a place where people can live their new lifestyle in a fun and safe way until we overcome the global COVID-19 crisis.




SOCIAL HARMONYは、横浜みなとみらいホールや、デザインイベント「DESIGNART TOKYO 2020」の会場エントランスですでに採用されており、自治体や公共施設、店舗担当者らとの連携を強化することで、より多くの場所に展開していくことを目指しています。今後は「ジムノペディ」に限らず、季節やイベント事に合わせた楽曲を用意し、感染症対策を楽しく空間や街を彩るコミュニケーションとして広めていきます。世界的なコロナ禍を我々が乗り越えるその日まで、楽しく安全に新しい生活様式を続けていける社会を実現させることを、私たちは目指しています。
Yokohama Minato Mirai Hall (2020.10.27-2020.12.31) 

横浜みなとみらいホール
Omotesando Hills (2020.10.27-2020.11.3) 


表参道ヒルズ
SOCIAL HARMONYの設置のご相談も承っております。
お問い合わせは以下よりご連絡ください。
info@nosigner.com




what:
SOCIAL HARMONY

who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Installation Design
NOSIGNER
Production Management
NOSIGNER (Nozomi Aoyama)

where:
Yokohama, Japan
Tokyo, Japan
when:
2020





Related projects:


Related projects:
LIFECOIN STICKER
Back to Top