why:
To protect lives from pandemics

パンデミックから命をまもるために




The first case of the new coronavirus infection (COVID-19) was confirmed in December 2019 in Wuhan, China, and has quickly spread all around the world. It has become one of the largest infectious diseases in History.
As of November 2020, more than 1.4 million lives have already been lost worldwide, and the ever-increasing number of hospitalized patients is placing a tremendous strain on medical institutions. In addition, the world has been hit by the largest recession of the post-war era due to cities’ blockades and economy shutdowns.
COVID-19 is a serious infection that can be severe and even deadly at times. However, many infected people are asymptomatic, and the main characteristic of the disease is that it can spread without people even realizing. The fear of this invisible infection has already driven some countries into a corner, but actions can be taken to minimize its spread.
Now is the time to make the most of our creativity and design wisdom to heal the pain in our world.




2019年12月に中国・武漢で最初の症例が確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、瞬く間に世界中に広がり、人類史上有数のパンデミックを引き起こしました。
2020年11月現在、すでに全世界で140万人以上の命が失われ、増え続ける入院患者によって医療機関は多大なる負担を強いられています。また、都市の封鎖、経済活動の停止によって、戦後最大の不況が世界を襲っています。
COVID-19は時に重症化し、死に至る恐ろしい感染症であると同時に、無症状感染者も少なくなく、本人も知らぬ間に感染が広がってしまうことが大きな特徴です。この目に見えない感染症の恐怖はすでにいくつかの国を窮地に追い込んでいますが、これからの自分たちの行動次第で、その拡大を最小限に抑えることが可能です。
いまこそ私たちが持つクリエイティビティやデザインという知恵を最大限に活用し、悲しい思いをする人を一人でも減らすことが求められていました。





how:
A collaborative website for tips and facts regarding infectious diseases​​​​​​​

感染症の知識・知恵をまとめた共同編集サイト




Just like OLIVE, a wiki site created shortly after the Great East Japan Earthquake in 2011, the PANDAID website is co-edited by volunteers, including doctors, editors, and more. Over 100 volunteers are invested in this project, each with their own expertise.
Our editorial emphasis goes towards providing scientific facts in ways that are easy to understand and to implement. Along with this editorial direction, the PANDAID book is a collection of facts and tips on everything from the basics of infectious diseases to prevention methods. How to stay strong and work remotely, tips on staying at home… it grants a variety of information. In addition, we keep making our own infographics and posters as needed to deliver intuitive content that the public can easily understand.




NOSIGNERの太刀川英輔が発起人となり、パンデミックから命をまもるためのウェブサイト「PANDAID」を立ち上げました。2011年の東日本大震災の直後、太刀川が立ち上げたWikiサイト「OLIVE」と同様に、有志が共同編集するこのサイトには医師や編集者など100名以上のボランティアが参加し、それぞれが専門性を発揮しています。
編集において重視しているのは、「科学的ファクトが示されている情報」「科学的情報をわかりやすく伝えるデザイン」「自分自身で実践できるコンテンツ」であること。この編集方針に基づき、感染症の基礎知識から予防法、体力の維持やリモートワークのノウハウ、自宅での過ごし方、助成金情報までさまざまな知識や知恵が集められています。さらに、必要に応じてインフォグラフィックやポスターなどを独自に制作し、一般の人たちが直感的に理解しやすいコンテンツを発信し続けています。




The identity is reminiscent of a road sign and embodies a wish for the pandemic to to stop and retreat. At the same time, the three arrows show how people’s unity is essential for its realization.​​​​​​​


道路標識を思わせるアイデンティティには、パンデミックに対して「止まれ」「戻れ」という願いが込められています。同時に、その実現には人々の結束が欠かせないことを3本の矢になぞらえて示しました。



PANDAID introduces a face shield developed by NOSIGNER that can be made from an A4 clear file in a few tens of seconds. It is very inexpensive and practical, and the sheet can be downloaded for free. We send our heartfelt thanks and encouragement to those who fight in the medical field around the world.(FACE SHIELD / DOWNLORD PDF




PANDAIDのためにA4クリアファイルから数十秒でつくれるフェイスシールドを開発しました。非常に安価かつ実用的であり、シートは無料ダウンロードできます。世界中の医療現場で戦う人々へ、心からの感謝を。(フェイスシールド / PDFダウンロード)



will:
Using the strength of design to contribute to the ending of the pandemic

デザインの力で、パンデミックの収束に貢献する​​​​​​​


PANDAID, which is updated daily by volunteer management members, has become one of the most organized coronavirus-related sites in Japan, and its presence is ever growing in value.
The posters created to communicate the importance of "social distance" have been shared by more than 10,000 people on social media, and helped give birth to a united movement to combat infectious diseases using the strength of design.
PANDAID is currently available in six languages, and more to come. Our goal is to make it the "fact-checked, fun, and interesting" infectious disease control website to contribute to the end of the pandemic.
We will continue to attend the website in the belief that the world we live in will be a better place the day we will be able to stand face to face with our loved ones again. It will undoubtedly be after overcoming one of the greatest challenges in human History.​​​​​​​



有志の運営メンバーたちによって日々更新されているPANDAIDは、新型コロナウイルス関連の情報が日本で最も整理されたサイトのひとつとなり、その存在価値は日増しに高まっています。
また、「ソーシャルディスタンス」の重要性を伝えるために制作したポスターはSNS上で1万人以上にシェアされ、デザインの力を活用した感染症対策のムーブメントも生まれています。
PANDAIDは現在世界6カ国語で展開しており、今後はより多くの言語に対応していく予定です。私たちが目指しているのは、PANDAIDを「正しく・楽しい=興味深い」感染症対策のウェブサイトにすることで、パンデミックの収束に貢献することです。
人類史上最大級の試練を乗り越え、大切な人たちとまた向かい合うことができる日に、私たちが生きる世界がより良いものになっていることを信じて、これからもこのウェブサイトを育てていきます。







what:
PANDAID
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Nozomi Aoyama), PANDAID Volunteers
Product Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Niyen Lee)
Front End Design
NOSIGNER (Naoki Hijikata), PANDAID Volunteers
Illustration
NOSIGNER (Ryota Mizusako), Kacho, PANDAID Volunteers
Content
PANDAID Volunteers
Research
PANDAID Volunteers
Translation
PANDAID Volunteers
Public Relations
PANDAID Volunteers

when:
2020
Award:
DFA Design for Asia Awards: Grand Award(2020)
IAUD International Design Award: GOLD AWARDS(2020)
DIA Design Intelligence Award: Honorable Mention(2020)

Related projects:

Back to Top