宇宙から見た地球
why:
To experience a world without borders.​​​​​​​

国境のない世界を体験するには。

In 2014, tension began to run through Japan, China, South Korea, and North Korea, which continues to this day in 2019. Yokohama was selected as an East Asian Cultural City back in 2014, where a special exhibition "FindAsia" was a part of the Yokohama Triennale. We were selected as an invited artist for this exhibition to show how we can experience a world without borders.​​​​​​​​​​​​​​

2014年、日中韓そして北朝鮮間では、緊張関係が高まり始めていました。そして2019年の今もそれは続いています。2014年に東アジア文化都市に選出されていた横浜では、横浜トリエンナーレの一環として「FindAsia」という特別展が行われ、その展示の招待作家としてNOSIGNERも選ばれました。私達は、どのように国境のない世界を体験することができるのかを考えることにしました。

​​​​​​​
数万個の光源で再現された夜景の上を、下を見ながら静かに歩く女性
上空3000kmから見た地球の夜景が数万個の光源によって日本の形も精密に再現されている
数多くの電球がズームによってたまボケしている

how:
Experience seeing the night view of the Earth from 3000km above in space.​​​​​​​

上空3000kmの宇宙から地球の夜景を見る体験。


"I could not see the border line from outer space."
Mamoru Mouri / astronaut


「宇宙からは国境線は見えなかった。」
毛利衛 / 宇宙飛行士


Many astronauts around the world have testified that their perception changed after seeing the Earth from outer space, feeling released from fixed ideas they previously had. For example, Japanese astronaut Mamoru Mouri famously said, "From the universe, I could not see the borderline from outer space." Although it may not be easy to go to space, it may be possible to reproduce such experiences. Therefore, we decided to precisely reproduce the night view of the Earth from 3000km above the sky, using tens of thousands of LED lights.



世界中の多くの宇宙飛行士が、様々な固定観念から開放された宇宙からこの地球を見たあと、世界への認識を大きく変えたと証言しています。​​​​​​​例えば日本人の宇宙飛行士、毛利衛は「宇宙からは国境線は見えなかった」という言葉を私達に伝えてくれています。簡単に宇宙に行くことは出来ないかもしれないけれど、そんな体験を再現することは出来るかもしれない。そこで私達は、上空3000kmから見た地球の夜景を数万個の光源を使って精密に再現することにしました。​​​​​​​


​​​​​​​
真っ暗な部屋で数万個の光源で宇宙から見た地球の夜景を再現
数万個の光源で再現された夜景の上に座り込んで見つめる女性
数万個の光源で再現された夜景からズームアウトして、手前の黒い椅子4席にスポットライトがあたる

will:​​​​​​​
We revealed a view from space without borders.

国境のない宇宙からの景色を広める。


数万個の光源で再現された北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の宇宙から見た夜景





what:
SPACE SPACE
where:
Japan
when:
2014​​​​​​​
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Space Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Kunihiko Sato, Takeshi Kawano)
Client




Back to Top