why:
Science and technology conveyed from the world's largest glass manufacturer.

世界最大の硝子メーカーが伝える、科学と技術。




"Asahi Glass AGC", proudly the world's largest glass maker in Japan, presented the characteristics and new values of glass to stimulate am urge to create. In 2015 an exhibition for "Milano Salone" had begun (the world's largest furniture and design fair). In the following year, we received a request from "Asahi Glass AGC" to work together on this installation. We questioned what values we should show at a design festival where people of the industry gather to meet manufacturers and creators from all over the world. Despite investing with a large budget, we wanted to approach the original potential of Milano Salone, through an installation that usually ends up disappearing into the background.



日本が誇る世界最大規模のガラスメーカー「旭硝子AGC」は、ガラスが持つ特性や新たな価値を提示し、多くのクリエイターたちの創造力や制作意欲を刺激することをテーマに、2015年から世界最大規模の家具・デザイン見本市「ミラノサローネ」への出展を始めました。そして、翌2016年に私たちは同社からの依頼を受け、ミラノサローネでインスタレーションを行うことになりました。多くのメーカーやクリエイターが出展し、世界中から業界関係者が集うデザインの祭典において、我々はどんな価値を発信するべきなのか。莫大な予算を投資しているにもかかわらず、打ち上げ花火のように一過性で終わってしまうインスタレーションも少なくない中、ミラノサローネというメディアが持つ本来の可能性にアプローチしたいと考えていました。





how:
The world's largest molecular glass structured model.

世界最大のガラス製の分子構造模型。




Together with AGC Asahi Glass, we utilized approximately 5,000 sheets of chemically strengthened glass with lights created by cutting-edge technology. We created a space to experience the molecular structure of glass enlarged by one billion times its actual size—the Amorphous of glass. Inspired by this molecular structure of no particular shape, this installation recreates the fine and rich microcosmos hidden within a glass, expressing the latest in glass technology, light, wind, and music. It conveys the characteristics of glass as lightweight, with freedom, that is also expressive by overturning the conventional image. This exhibition, appealing to visitors with its mysterious beauty, is also a showcase packed with the future of glass technology. A small science museum was set up at the venue to view after the installation. It was communication through design to understand glass substances and its technology, as well as the products of AGC Asahi Glass from a scientific perspective.



私たちはAGC旭硝子とともに、最先端技術によって生まれた軽やかな存在感を持つ薄板化学強化ガラスを約5000枚使用し、10億倍に拡大したガラスの分子構造「アモルファス」を体感できる空間をつくりました。一定の形を持たないガラスの分子構造にインスパイアされて制作したこのインスタレーションでは、私たちの身近にあるガラスの中に潜む緻密で豊かなミクロコスモスを、最新のガラステクノロジーと光、風、音楽の演出で表現し、従来のイメージを覆す、軽やかで、自由で、表情豊かなガラスの特性を伝えています。神秘的な美しさで来場者の感性に訴えかけるこの展示は、未来のガラス技術を詰め込んだショーケースでもあります。会場には小さなサイエンスミュージアムを併設し、来場者がインスタレーションを見た後に、ガラスという物質やその技術、AGC旭硝子の製品について科学的な観点からも理解できるコミュニケーション導線を設計しました。





now:
A representative work of Milano Salone in 2016.

2016年のミラノサローネを代表する作品に。




This exhibition, featured in many media platforms, recorded twice as many visitors to the venue than the previous year, at the same time granted numerous design awards. In expressing a beautiful glass sculpture, the production process of this installation required numerous technical challenges as we faced the world of Science. However, by conducting various experiments with AGC Asahi Glass, discoveries and technologies were able to be developed.



多くのメディアに取り上げられることとなったこの展示は、前年のおよそ2倍ともなる来場者数を記録するとともに、数々のデザイン賞を獲得することができました。美しいガラスの彫刻を表現するということに加え、サイエンスと真摯に向き合うことが大きな命題となったこのインスタレーションの制作過程では、数々の技術的なチャレンジが求められましたが、AGC旭硝子とともにさまざまな実験を重ねたことが、新たな発見や技術の開発にもつながりました。




Awards:
DSA Award: BEST 50 (2016)
Red Dot Award (2016)
German Design Award (2017)








what:
Amorphous
when:
2016
where:
Milano, Italia
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa) 
Space Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Kunihiko Sato)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Takeshi Kawano)
Lighting Design
IZUMI OKAYASU LIGHTING DESIGN OFFICE (Izumi Okayasu)
Sound Design
Kenta Kamiyama
Sponsor
Photo and Movie
Akihide Mishima




Back to Top