why:
To celebrate the diversity of relationships.
why:
多様な関係性を祝福するために









In a modern society where different values ​​coexist, different types of relationships are transcending nationalities and genders. For instance, nowadays, marriage as a form of love does not only limited to male and female couples. It also applies to same-sex marriages and other diverse partnerships, including the LGBTQ community. The traditional concept of engagements and marriages has expanded. All these relationships are equally precious and should not be measured by laws and customs from countries and societies. We questioned with what methods could we choose and express our own will freely in any relationship.

さまざまな価値観が共存する現代の社会には、国籍や性別を超えた多様な関係性が結ばれています。例えば、愛の形ひとつとっても、男女のカップルによる「結婚」だけがゴールではなく、同性婚や事実婚、LGBTを含む多様なパートナーシップや家族など、従来の婚約や結婚にとらわれない価値観が広がっています。これらすべての関係性は等しく尊いものであり、国や社会が決めた法や慣習などによって測られるべきものではないはずです。自らの意思で選び、それぞれが大切に紡いできたすべての関係性を自由に表明でき、それらが祝福される世界を実現させるためには、どんな一歩が必要になるのでしょうか。









how:
Rings symbolizing new relationships.
how:
新しい関係性を象徴する指輪をつくる









Launched by Natsuko Shiraki from ethical jewelry brand HASUNA, and Shinpei Takagi from the Creative Company NEW PEACE, "Re.ing (ring)" as a jewelry piece protecting oneself against evil vision, is produced as a powerful symbol for people who want to live freely, blessing diverse relationships of today. Being in charge of the collection, we embodied the brand's vision and celebrated various relationships with four different rings. "LITTLE RAINBOW," which was inspired by different forms of love; "DEARMOND," a personal connection beyond life and death; "PETTIE," a blessing between humans and their pets; and finally, "KEPPAN," a special bond formed between friends who share the same value. 

エシカルジュエリーブランド「HASUNA」の白木夏子さん、クリエイティブカンパニー「NEW PEACE」の高木新平さんらによって立ち上げられた「Re.ing(リング)」は、かつて邪視から身を守るために存在した“ジュエリー“を通じて、 自由に生きようとする人々の心の武器をつくり、現代の多様な関係性を祝福するジュエリーブランドです。Re.ingのプロダクトデザインを担うこととなった私たちは、多様な愛の形からインスパイアされた「LITTLE RAINBOW」、生死を超えた人と人のつながりをテーマにした「DEARMOND」、人間とペットという種族を超えた関係性を祝福する「PETTIE」、同じ想いを共有する仲間同士の絆の証となる「KEPPAN」という4つのリングの製作を通して、現代の多様な関係性を祝福するというブランドのヴィジョンを具現化しています。








"LITTLE RAINBOW" is a ring inspired by various forms of love beyond genders and nationalities. The two rings, iris and lilac, reflect off different colors, where the shades change depending on the light. When the rings come together, a rainbow appears inside. It symbolizes the differences in humans and shows respects to diverse and beautiful relationships.

LITTLE RAINBOWは、性別や国籍にとらわれない多様な愛の形からインスパイアされ、生まれたリングです。内側には「人間の多様性」を象徴するレインボーが輝き、持ち主の心に多様で美しい関係性を尊重する気持ちがあることを表現しています。アイリスとライラックの2つのリングはそれぞれ異なるカラーを持ち、光の当たり具合によってさまざまな色合いに変化し、両者が合わさることでひとつの虹が現れます。









"DEARMOND" is inspired by the connections beyond life and death. The shining diamond is a one of a kind diamond, made of carbons from hairs and bones of your loved one who passed away. One can always feel the presence them, serving as a remembrance of someone important. The circle embedded in the ring symbolizes an eternal and steady bond.

DEARMONDは、生死を超えた人と人のつながりにインスパイアされたリングです。美しく輝くのは、髪の毛や骨が持つ炭素からつくられる世界でたったひとつのダイヤモンド。大切な存在の生まれ変わりとして、または自らの分身として、いつでもその存在を感じることができます。円を再びつなぐように埋め込まれたその様子は、決して途切れることのない強い絆を象徴しています。










"PETTIE" is based on the connection between owners and their pets. The rings are of tin, which is soft and easy to bend by hand, fitting gently onto the body. The ribbon, which also is the design motif, represents supporting minds and symbolizes supporting partnerships.

PETTIEは、人間とペットという種族を超えたつながりをテーマに据えたリングです。柔らかく、手で自在に曲げることのできる金属「錫(すず)」を素材としたリングは、それぞれの身体に優しく馴染みます。デザインのモチーフにもなったリボンは「支援の心」を表し、身につける人のパートナーシップを応援する心を象徴しています。









"KEPPAN" is inspired by "blood case," where Samurais swore to each other by cutting their fingers pressing their blood together, or on their signature, to seal their kinship. By using the fingerprints of each ring owner, we visualize the data as the design. This ring expresses the firm connection and protection to those who share the same belief.

KEPPANは、かつて武士がお互いの約束を強く誓う決意を表すため、自らの指を切り署名や花押の上に流れ出た血を押した「血判状」に着想を得たリングです。持ち主全員が捺印した指紋の一部を切り取り、データ化したものを指輪のデザインとして施すことで、同じ想いを共有する人をつなぎ、そしてそれを守るという強い意思を表しています。


now:
Forming new relationships through rings. 
now:
新たな関係性が指輪によって紡がれる









Each project developed by Re.ing attracted attention on various media platforms. The brand concept was a success with extensive support from fundraising and crowdfunding. New relationships are created through these rings every day. To expand the product lineup, Re.ing will start to share information through media platforms and hold events. Moreover, it strives to foster the brand community that will continue to work on celebrating the world with various relationships.

Re.ingが展開する各プロジェクトは、さまざまなメディアやSNSなどを通して注目を集め、クラウドファンディングによる資金調達も成功するなど、ブランドの理念は広く支持され、このリングを介した新たな関係性が日々紡がれています。今後もRe.ingでは、プロダクトのラインナップを拡充していくことに加え、メディアでの情報発信やイベントの開催などを通じてブランドコミュニティの醸成に努めながら、多様な関係性を自由に表明し、それらが祝福される世界の実現に向け、活動を続けていきます。









what:
Re.ing
when:
2018
who:
Product Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Daichi Komatsu)
Photo
NEWPEACE Inc. (Noriaki Fukushima, moya)
Client
Re.ing 









Back to Top