why: 
To protect lives from pandemic
パンデミックから命をまもるために



The first case of the coronavirus infection (COVID-19) was confirmed in Wuhan, China, in December 2019, and quickly spread around the world. This virus has now become the largest infectious disease in human history, 
It has already claimed numerous victims worldwide and brought medical facilities to the brink of collapse due to the ever-growing number of severely ill patients. Shortages of medical protective equipment such as respirators, masks and face shields were also experiences often. 
Our main challenge was to alleviate, if only a little, the tremendous burden placed on healthcare professionals around the world.


2019年12月に中国・武漢で最初の症例が確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、瞬く間に世界中に広がり、人類史上有数のパンデミックを引き起こしました。
この感染症によって世界中で多くの尊い命が失われ、増え続ける重症患者によって、崩壊の危機に瀕している医療機関は少なくありません。また、人工呼吸器やフェイスシールドなどの医療用防具が慢性的に不足する状況も続いていました。
こうした課題を解消し、世界中の医療従事者たちが強いられている多大なる負担を、少しでも軽減することが世界的なテーマとなっていました。




how: 
A face shield made from an A4-size clear file
クリアファイルのみでつくるフェイスシールド



NOSIGNER’s CEO Eisuke Tachikawa had first founded PANDAID, a collaborative editorial website that helps save lives from the pandemic. As part of this project, he developed a face shield that can be easily made from an A4-size clear file. This face shield takes no more than 30 seconds to complete, simply by placing a printed template in a clear file and cutting along the lines with scissors. 
The template, which requires no particular equipment, is available for free online alongside a tutorial video, and has been shared on social media and other platforms. Everyone can make one easily, and hopefully individually contribute to make the shortage of medical protective equipment easier to address.

Click PANDAID FACE SHIELD to download the file.





パンデミックから命をまもるためのウェブサイト「PANDAID」を立ち上げたNOSIGNERの太刀川英輔は、活動の一環として、A4サイズのクリアファイルから簡単につくれるフェイスシールドを開発しました。このフェイスシールドは、型紙をクリアファイルに入れ、線に沿ってハサミでカットするだけで、およそ30秒で完成します。
特殊な機器や工具を必要としないこのフェイスシールドの型紙をオンラインで無料配布し、つくり方を紹介した映像をSNSなどを通じて配信。医療用防具の慢性的な不足という課題の解決に向け、オープンデザインによって誰もが簡単に自分ごととして活動に参加できる状況をつくり出しました。

PANDAID FACE SHIELD をクリックしてダウンロードしてください






The PANDAID face shield has an adjustable 3 sizes headband to fit any person's head circumference.
PANDAIDフェイスシールドはどんな人の頭囲にも合うように、ヘッドバンドを3段階に調整できるようになっています。




will: 
Towards a future were we can make our own emergency supplies
非常時に必要なものを、自分たちでつくれる未来へ


The tutorial video on how to make a face shield has been viewed more than one million times on social media and has been picked up by many other media, including TV. This initiative has generated a lot of empathy and is being used in various medical facilities. At Kitazato University Hospital, 10,000 sheets were independently produced and adopted by many hospitals, including the University of Tokyo Hospital. In addition, everyone from large corporations such as Yahoo! Japan (who made 8000 faceshields in their « LODGE » office) to individual schoolchildren have made their own face shields and a number of donations were made to medical institutions. 
This movement is not limited to Japan, and many medical institutions in the United States, France, South Korea, Thailand, and more have been sending their appreciation of face shield donations.
Those face shields have shown that they could make up for the shortage of supplies, and should contribute to reassure us as we brace for more spreading of the disease. We hope the DIY movement will lead to a creative future where we make our own emergency supplies.




フェイスシールドのつくり方を紹介した映像はSNSやYouTube上で累計100万回以上再生され、TVをはじめ多くのメディアにも取り上げられました。結果としてこの取り組みは多くの共感を生み、北里大学病院では院内で1万枚を自主生産し、東京大学病院などその他多くの病院でも採用されました。また、自社オフィス内のスペース「LODGE」で8,000枚を量産したYahoo! JAPANをはじめ、大企業から個人の小学生までがフェイスシールドを自作し、医療機関に寄付するケースも相次ぎました。
ムーブメントは日本国内にとどまらず、アメリカ、フランス、韓国、タイなど各国の医療機関に多くのフェイスシールドが行き渡ることとなり、各地から感謝の声が届けられています。
物資の不足を自ら補えることを示したこのフェイスシールドは、今後も予想される感染拡大の波に備える上で、ひとつの安心材料となるはずです。ブリコラージュの発想のもと、非常時に必要なものを自分たちでつくることができる創造的な未来が実現されていくことを、私たちは願っています。




Hong Kong version 香港バージョンキャプション (Image courtesy of deTour 2020)


PANDAID was invited to be featured in the « deTour » design exhibition in Hong Kong. For this purpose, we created the Identity Face Shield that helps protect oneself from both the pandemic and possible facial recognition systems. For its creator, this experimental work aims to address the growing need of protection against facial recognition system as well as the invisible fear of viruses.​​​​​​​




「PANDAID」は香港のデザインイベント「deTour」に招待され、展示を行うことになりました。この展示に際して私たちは、パンデミックの脅威とともに、デジタル監視社会からも身を護る「Identity Face Shield」を制作しました。ウイルスという目に見えない恐怖に加え、デジタル監視システムからも身を護る必要性が生じつつある現代社会に対する警鐘やアイロニーを、デザイナーならではのアプローチで投げかけた実験的な作品です。




what:
PANDAID FACE SHIELD

who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Product Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Lee Niyen)
Video Producer
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Lee Niyen, Jin Nagao)
Photograph
CCDN(Yuichi Hisatsugu), deTour


when:
2020

Awards:
TIDA TAIPEI INTERNATIONAL DESIGN AWARD: Silver Award (Industrial Design Category) (2020)
TIDA TAIPEI INTERNATIONAL DESIGN AWARD: Judge’s Special Award (Industrial Design Category) (2020)


Related projects: 
PANDAID

Check out more of NOSIGNER's work on:​​​​​​​
Twitter​​​​​​​​​​​​​​
Back to Top