what:
CQ : Carbon Neutral Quotient​​​​​​​

why: 
Can we decarbonize our lives?

ぼくらの生活は脱炭素化できるのか。

Weather disasters such as typhoons, hurricanes, and torrential rains have risen approximately five-fold over the past 50 years. Major causes of climate change include CO2 and greenhouse gases. With climate change accelerating in recent years, the need to combat it has become a top priority to sustain our civilization. However, humankind has been extremely slow in its countermeasures. If global warming continues at its current pace, Earth's temperature is projected to rise by about 4.5 degrees Celsius by 2100. This will lead to more weather disasters due to climate instability, the spread of infectious diseases, depletion of natural resources, and other accelerated destruction, threatening future life from many angles.

この50年の間に台風やハリケーン、集中豪雨などの気象災害はおよそ5倍に増えました。そんな気候変動の大きな原因が、CO2をはじめとする温室効果ガスです。近年ますます加速する気候変動への対策は、私たちの文明を持続可能にするための最重要テーマとなっています。しかし、その対策は極めて遅れをとっており、現在のペースで温暖化が進むと、2100年までに地球の温度は約4.5度上昇すると予測されています。これは気候の不安定化による気象災害のさらなる増加や感染症の蔓延、天然資源の枯渇など加速度的な破壊にもつながり、未来の生活はさまざまな側面で脅かされるでしょう。


Trends in the number of reported events
​​​​​​​報告された災害数の傾向
Projected Temperature Increase ()
予想される気温の上昇(度)
As we head toward the worst-case scenario, the transition to a decarbonized society has become a global mission spanning all sectors, including industry, academia, government, and private. Achieving a decarbonized society requires us to rethink national policies and the industry at the fundamental level. At the same time, it is also essential for individual consumers to update their lifestyles. This is because carbon dioxide is generated everywhere in our lives. However, very few are aware of their CO2 emissions.

Humankind faces a massive challenge:
Can each of us recognize this difficult issue as our own and change our habits?


​​​​​​​
最悪のシナリオに向かっている現在、脱炭素社会への移行は産学官民すべてのセクターにまたがる全世界的なミッションです。脱炭素社会が実現するには、国の政策や産業のあり方を根本から見直す必要があると同時に、生活者一人ひとりが自らのライフスタイルを更新することも不可欠です。なぜなら二酸化炭素は生活のあらゆるところで発生しているからです。しかし、自らのCO2排出量を把握している人は極めて少ないのが現状です。

この全人類が取り組むべき困難な課題を、私たち一人ひとりが自分ごととして認識し、行動変容できるのか。それが喫緊の課題となっています。


how: 
A new intelligence index to decarbonize our lifestyles.

ライフスタイル脱炭素化の新しい知能指数。

As a group engaged in developing a new service concept for building decarbonized lifestyles, we planned and designed a new decarbonization platform called the CQ indicator.


脱炭素ライフスタイルの構築に向けた新サービスのコンセプト開発に携わることになった私たちは、脱炭素の新たなプラットフォームとなる指標「CQ」の企画とデザインを手がけました。
CQ is a new indicator that assesses decarbonized lifestyles. CQ visualizes the score with the average value on the current deviation as 100, similar to the intelligence quotient IQ. CQ is not only a self-checking indicator of one's decarbonization habits but also a lifestyle brand that encourages good environmental choices.
CQ will create a status quo where the indicator is high while the surrounding people are happy, transmitting a lifestyle that reduces CO2 emissions while keeping your everyday fun. We will also foster a new decarbonization movement to create a society where we can all live in harmony with Earth.

CQ aims to be more than merely an indicator that visualizes individual decarbonization, striving to become a brand that enables carbon negativity (a state in which the amount of greenhouse gases absorbed exceeds the number of emissions) in various areas of life. To this end, we will collaborate with businesses, organizations, and others involved in decarbonization projects. As our first demonstration experiment, we offset the CO2 generated by the Nakatsugawa THE SOLAR BUDOKAN 2022 music festival held in September 2022 through fundraising activities via experience design and novelties to create a carbon-neutral festival.
​​​​​
CQとは、脱炭素のライフスタイルを評価する新しい指標です。CQは知能指数「IQ」と同様に、現在の偏差上の平均値を100としてスコアを可視化します。またCQは自分の脱炭素行動をセルフチェックする指標なだけでなく、環境に良い選択を促すライフスタイルブランドでもあります。​​​​​​​
CQでは、指標を高めて周囲から喜ばれる状況を生み出し、毎日の暮らしを楽しみながらCO2を削減するライフスタイルを発信します。そして地球と共生できる社会をみんなでつくる、新しい脱炭素のムーブメントを醸成していきます。

CQは、個人の脱炭素アクションを可視化する指標だけでなく、脱炭素プロジェクトに取り組む事業者や団体等とのコラボレーションを通じて、生活の様々な領域でのカーボン・ネガティブ(=温室効果ガスの吸収量が排出量を上回っている状態)を実現するブランドになることを目指しています。その第一弾となる実証実験として、2022年9月に開催された音楽フェスティバル「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2022」で発生したCO2を、体験設計やノベルティ等を通した募金活動によってオフセットし、カーボンニュートラルなフェスを実現しました。

To raise donations equivalent to the amount of CO2 emissions for the number of people attending the festival, we designed collaborative T-shirts and towels with the number of people who offset carbon emissions printed on them. CQ also produces original carbon offset CQ T-shirts and eco bags. The words "NEUTRAL" and "NEGATIVE" printed on them mean carbon neutral and carbon negative, respectively. We aim to expand the decarbonization movement through a unique perspective that dares to treat the word "negative" positively.


フェスに参加する人数分のCO2排出量に相当する寄付を募るため、カーボン・オフセットした人数を印刷したコラボTシャツやタオルをデザインしました。また、カーボン・オフセット済のCQオリジナルTシャツやエコバッグなども制作。これらに印刷された「NEUTRAL」「NEGATIVE」の文字は、それぞれカーボン・ニュートラル、カーボン・ネガティブを意味しています。「NEGATIVE」という言葉をあえてポジティブに扱うユニークな視点によって、脱炭素のムーブメントを広げていくことが狙いです。
The logo design is a contraction of the string "CO2" and embodies the project's goal of curbing CO2 emissions. We chose a vivid green color to express an unprecedented movement for decarbonization, a sense of newness, and environmental imagery.​​​​​​​


ロゴデザインは「CO2」という文字列を収縮させた造形となっており、CO2を抑制するというプロジェクトの目標を体現しています。これまでにない脱炭素行動を起こすムーブメントを示すために、新しさと環境のイメージが感じられるビビッドなグリーンを採用しました。

will: 
Toward a society where zero-carbon lifestyles are the norm.

ゼロカーボンな暮らしが当たり前の社会へ。

CQ aims to become the standard platform for supporting individuals and organizations that take on the challenge of decarbonization and to help society make low carbon and low environmental impact choices a hip lifestyle. Making every person conscious of decarbonization will minimize climate change, leading society closer to sustainability. Our lifestyle's "common sense" will change if more people support environmentally friendly lifestyles and assertively practice them for themselves and others.
We will continue to run alongside this project to expand it into a massive movement that leverages everyone's creativity to overcome the global challenge of achieving carbon neutrality.


CQは、脱炭素への挑戦をする個人や団体を応援するプラットフォームの標準となり、炭素や環境負荷が少ない選択をクールなライフスタイルとして社会に定着させることを目指しています。一人ひとりが脱炭素行動を意識すれば、気候変動は最小限に抑えられ、社会は持続可能に近づきます。こうした環境に優しいライフスタイルを応援し、自分や誰かのために前向きに実践する人が増えれば、生活の「当たり前」は変わっていくはずです。
カーボン・ニュートラルの達成という全世界の課題を、みんなの創造力で乗り越える大きなムーブメントとして広げるために、私たちはこのプロジェクトに並走し続けます。


what:

who:
Social design by evolutional creativity. 
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Ryo Fukusawa, Noémie Kawakita)
Motion Design
Aco Hsu
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Ryo Fukusawa, Noémie Kawakita)
Web Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Ryo Fukusawa, Noémie Kawakita)
Development
NOSIGNER (Naoki Hijikata)
Photograph
NOSIGNER (Yuichi Hisatsugu)


where:
Japan
when:
2022​​​​​​​
Back to Top