DESIGNS FOR THE NEXT 100 YEARS
給未來百年的設計

「DESIGN FOR THE NEXT 100YEARS」展透過「WHY(目的)」和「HOW(方法)」兩個角度回顧了 NOSIGNER 成立十周年以來的歷程,並展望了設計未來 100 年的前景。 我們深信優秀的設計既要挑戰傳統、融入新的思維和方法(=HOW),同時又要具備意義和目的(=WHY),著眼於項目的未來。NOSIGNER以透過負責人太刀川英輔所提倡的「進化思考」的概念,一直以來著力於實踐融合目的與方法的設計。在面對「如何使世界永續發展」這個大議題上,希望我們這間日本的設計事務所做的微小改變能夠累積各種案例,在此呈現並激發臺灣的各位靈感,一起改變世界。

「DESIGN FOR THE NEXT 100YEARS」は、設立10周年を迎えたNOSIGNERの活動を「WHY(なぜ)」と「HOW(どのように)」の2つの観点から振り返りつつ、次の100年のデザインの未来を展望する展覧会です。優れたデザインとは、慣習に挑戦し、新しい考え方や方法(=HOW)を取り入れたものであると同時に、プロジェクトのあるべき未来を見据えた、意義や目的(=WHY)を備えています。
NOSIGNERは、代表の太刀川英輔が提唱する「進化思考」というコンセプトから、目的と方法を兼ね揃えたデザインを実践してきました。「世界をいかに持続可能にできるか」という大きな課題に対し、日本のデザインファームが起こしてきた小さな変化の積み重ねがケーススタディとして台湾のみなさまのインスピレーションになり、ともに世界を変えていくきっかけになることを期待します。

"DESIGN FOR THE NEXT 100 YEARS" is an exhibition that looks back on the activities of NOSIGNER, celebrating its 10th anniversary, from the two perspectives of "WHY" and "HOW," and looks ahead to the future of design for the next 100 years. Good design is one that challenges conventions and incorporates new ways of thinking and methods (=HOW), while at the same time possessing significance and purpose (=WHY), with an eye towards the future of the project.
NOSIGNER has been practicing design that combines purpose and method; based on the concept of "Evolutional Creativity" advocated by Eisuke Tachikawa, the president of NOSIGNER. We hope that the small changes that Japanese design firms have made in response to the big question of "how to make the world sustainable" will serve as a case study and inspiration for people in Taiwan, and that together we can change the world.

Evolutional Creativity Library
進化思考圖書館

在「不只是圖書館」澡堂區設有「進化思考圖書館」,收集了歷史上著名的自然科學家的文獻。自然科學乍看似乎與設計領域相去甚遠,但這之中其實蘊含了許多能幫助我們理解創造性和設計本質的智慧。為了編纂《進化思考》,太刀川英輔在探索自然科學世界的過程中,收集了記載著過去幾百年來自然科學家研究成果的珍貴原版書和復刻版。在「進化思考圖書館」中,各位可以透過這些精選的藏書,窺見我們偉大前人所留下的智慧結晶之一縷。

展示会場には、歴史上の自然科学者たちによる文献を集めた「進化思考図書館」を展開しています。
自然科学は、一見デザインの世界とはかけ離れているように思えるかもしれませんが、創造性やデザインの本質を紐解くさまざまな知恵が詰まっています。太刀川は進化思考をまとめるにあたって自然科学の世界を探求する中で、この数百年にわたる自然科学者たちによる研究が記された貴重な原書や複製本を収集するようになりました。進化思考図書館では、そのコレクションの一部を通じて偉大な先人たちが残したさまざまな知恵の片鱗を感じ取ることができるはずです。

The exhibition hall features the "Evolutional Creativity Library," a collection of literature by natural scientists throughout history.
At first glance, the natural sciences may seem far removed from the world of design, but they hold a variety of wisdom that can unlock the essence of creativity and design. In exploring the world of natural science in compiling Evolutional Creativity, Tachikawa began to collect rare original and facsimile books documenting the work of natural scientists over the last several hundred years. The Evolutional Creativity Library offers a glimpse into the wisdom of our great predecessors through a sampling of its collection.

展覽期間 Exhibition Period|2023.9.19-11.5(週⼀及9/29中秋節當日休館)September 19, 2023 - November 5, 2023 (Closed on Mondays and September29)
開放時間 
Opening Hours|10:00 am – 6:00 pm 最後售票時間5:30 pm Tickets will not be sold after 5:30 pm.
展覽地點 Venue|台灣設計館04展間(免費入場), 不只是圖書館
Room 04, Taiwan Design Museum Exhibition (Free Entry) Not Just Library
展覽票價 Admission|NT50 /NT40 (10⼈以上團體票)  (Groups with more than 10 people)/符合優待票資格者免費 Free of charge for those who are eligible for concessionary tickets​​​​​​​


why: ​​​​​​​
We show the next generation a creative and hopeful future.

讓下一代看見充滿創造性和希望的未來。
創造的で希望ある未来を次世代に見せられるだろうか。

人類為了富足的社會生活,製造了許多道具、推動文明發展。發明這些充滿各種創意巧思道具的能力,正是我們人類所擁有的創造力。換句話說,也可以將之解釋為設計道具的能力。 偉大的前人為了解決眼前課題,累積了許多設計的成果,我們才得以擁有如此富足健康的生活與經濟的蓬勃發展。 
但是在文明的發展過程中,我們也同時向未來預支了有限的地球資源,嚴重破壞了生態環境。因此現在不可逆且急遽的環境變化已經超過危險的臨界點——「地球限度(Planetary boundaries)」,甚至有人認為目前的文明只能再維持幾十年。 
即使人類為了讓未來充滿希望而努力構思出許多設計,但生態系的崩潰、氣候變遷、糧食危機等都已經成為全球性的問題,日益嚴重的社會分化也衍生了諸多紛爭和斷裂,事與願違的現實狀況實在相當諷刺。在此過程中,原本具備永續可能性的地方社區和傳統文化也逐漸走向衰退。 
我們該如何留給下一代子孫一個充滿創造性和希望的未來?

人類は、豊かな暮らしや社会のためにあらゆる道具をつくり、文明を発展させました。さまざまなアイデアや工夫に満ちた道具を生み出した能力こそ、私たち人間が持つ創造力です。これを道具をデザインする力と言い換えることもできるでしょう。 偉大な先人たちが、目の前の課題を解決するためにデザインの営みを積み重ねてきたことで、私たちの生活は豊かで健康的なものとなり、経済は大いに発展しました。 
しかし文明の成長過程で、私たちは限りある地球の資源を未来から前借りし、生態系を著しく破壊してきました。その結果、不可逆的かつ急激な環境変化の危険性がある限界点「惑星の限界=プラネタリーバウンダリー」をすでに超え、現在の文明はあと数十年ほどしかもたないとも言われています。
 人は希望ある未来のためのデザインに取り組んできたにもかかわらず、生態系の崩壊・気候変動・食糧危機などが世界的な問題となり、広がり続ける格差社会が争いや分断を生んでいるのは大変皮肉なことです。その過程で、本来持続可能だった地域社会や伝統文化も衰退の一途をたどっています。 
私たちはどうすれば次世代の子供たちに、創造的で希望ある未来を見せることができるでしょうか。

Humans have developed civilization by creating all kinds of tools to enrich our lives and society. The ability to create tools filled with various ideas and ingenuity is the creative power that we humans possess. We can also call this the power to design tools. Our great predecessors' design efforts to solve the problems at hand have made our lives richer and healthier, and our economies more prosperous. 
In the process of civilization's growth, however, we also have borrowed the Earth's finite resources from the future and severely damaged the ecosystem. As a result, we have already exceeded the "planetary boundary," a critical point where there is a danger of irreversible and rapid environmental change, and it is said that our current civilization can only last a few more decades or so. 
It is very ironic that despite the fact that people have been working to design a hopeful future, ecological collapse, climate change, and food crises have become global problems, and the ever-widening social disparity has given rise to conflicts and divisions. In the process, local communities and traditional cultures that were once sustainable are in decline.
How can we show our children a creative and hopeful future?

how: 
We design for the future.

延續到未來的設計。
未来のためのデザインは可能だろうか。

本展為紀念NOSIGNER成立法人十週年而舉辦,不僅回顧了我們過去十年的活動,也希望能與各位共同思考,為了百年後的未來設計應有的面貌。 我們分別從「WHY」和「HOW」兩種觀點,介紹過去十年來的各種嘗試。我們認為,所謂的好設計必須兼具尚無前例的挑戰,以及令人眼睛一亮的嶄新思維,因此我們對前所未見的方法(=HOW)抱持強烈堅持。但是如果一味執著於方法論,有時可能只會產生為設計而設計的作品,也或者意外助長了某種暴力。
 設計的角色本應是為各式各樣的人們提供嶄新方法。為此,也必須具備觀照目的(=WHY)的視線和洞察力,了解眼前的計畫為何必要?透過設計可以實現什麼樣的未來? 我們嘗試在過去到現在、乃至未來的時間軸上,以及從近在己身周邊,遠至地球另一端這整體相連的生態系中,為各種計畫找出定位,從目的(WHY)出發來思考設計。這種手法是基於太刀川英輔所提倡、也在本展中介紹的「進化思考」概念。
面對「如何讓世界永續發展?」這個重大課題,我們相當重視如何透過設計一點一滴累積起現在能為未來做到的事。假若日本一間小小設計公司的案例,可以為各位帶來靈感,進引發改變世界的契機,那將是我們無上的榮幸。

NOSIGNERの法人化10周年を記念して開催される本展は、過去10年間の私たちの活動を回顧するだけではなく、100年先の未来のためのデザインについて皆さんとともに考えることを目的としています。 本展では、私たちが過去10年間に取り組んできたさまざまな取り組みを、「WHY」と「HOW」の2つの観点から紹介しています。 良いデザインには、前例のないことへのチャレンジや、圧倒的に新しい考え方が不可欠であると考えてきた私たちは、これまでにない方法(=HOW)に対して強いこだわりを持ってきました。しかし、方法に溺れてしまうことは、時にデザインのためのデザインを生み出してしまうばかりか、予期せぬ形である種の暴力に加担してしまうことにもなり得ます。 
本来のデザインの役割は、あらゆる人たちに新しい方法を提供することです。そして、そのために必要なことは、目の前のプロジェクトがなぜ必要なのか、そのデザインが実現する未来はどんなものなのかという目的(=WHY)に向けられる眼差しや洞察です。 私たちは、過去から現在、未来へと至る時間軸、あるいは身の回りから地球の裏側にまで連なる生態系の中にプロジェクトを位置づけ、目的(WHY)からデザインを考えてきました。このアプローチは、太刀川英輔が提唱し、本展でも紹介している「進化思考」に基づくものです。 
「世界をいかに持続可能にできるのか」という大きな課題と向き合い続けてきた私たちは、デザインが未来のためにできることを一つずつ積み上げていくことを大切にしてきました。日本の小さなデザインファームのケーススタディが皆さんのインスピレーションとなり、世界を変えるきっかけになるのであれば、これほどうれしいことはありません。

The exhibition showcases designs for the next 100 years. 
This exhibition, held to commemorate the 10th anniversary of NOSIGNER's incorporation, is not only a retrospective of our activities over the past 10 years, but also to contemplate designs for the future, 100 years from now, together with all of you.
In this exhibition, we present various initiatives we have undertaken over the past 10 years from two perspectives: 'WHY' and 'HOW'. 
Believing that good design necessitates challenges to the unprecedented and overwhelmingly new ways of thinking, we have had a strong commitment to unique methods (=HOW). However, becoming obsessed with methods can sometimes lead us to generate design for the sake of design, or even inadvertently contribute to a form of violence in unexpected ways. 
The true role of design is to provide new ways for everyone. And for this purpose, what is needed is a focus and insight directed toward the purpose (=WHY) of why the project at hand is necessary and what kind of future the design will bring about. 
We have positioned projects within the timeline that stretches from the past to the present, extending to the far side of the Earth within ecosystems, and we have been thinking about design from the purpose (WHY) based on this approach, which is rooted in the "Evolutional Creativity" advocated by Eisuke Tachikawa, introduced in this exhibition. 
Facing the essentail issue of "how to make the world sustainable," we have continued to value accumulating what design can contribute to the future, one step at a time. If the case studies of a small Japanese design firm can serve as inspiration for all of you and become a catalyst for changing the world, it would be our utmost honor.

A design firm dedicated to establishing innovative relationships for the future.

一間致力於為未來建立嶄新關係的設計事務所。
未来のための新しい関係をつくるデザイン事務所。

NOSIGNER以設計之力,竭力於有益於未來的社會實踐。 
我們深信設計的力量。因為一個好的設計能夠重新連接斷裂的關係。設計除了塑造形體,也能透過形體來塑造關係。我們的理念,便是打造出存在於這些形體背後、眼睛看不見(NO-SIGN)的價值。 
要在設計中產出全新可能性的創意,並同時將理想關係化為實體,不能缺少精煉的表現和企畫等基礎設計能力。 NOSIGNER持續在設計上的鍛鍊,在建築、空間、產品、平面、包裝等各種設計領域上,不斷追求匹敵世界水準的品質。因此現在在各個設計領域中,我們已經成為引領世界的團隊。 
運用這樣的專業,我們進一步跨越設計領域的藩籬,透過徹底觀察來發現看不見的關係之間所隱藏的線索,描繪出有助於未來創新的綜合性設計戰略。

NOSIGNER(ノザイナー)は、未来のために役に立つデザインを実践する活動体です。 
私たちはデザインの力を信じています。なぜなら良いデザインには、分断された関係を繋ぐ力があるから。デザインは形をつくるだけでなく、形を通して関係性を生み出す力があります。私たちは、そんな形の背景にある目に見えないもの(NO-SIGN)をつくるという理念のもとで活動してきました。 新しい可能性を生み出す発想と、ありたい関係をそのまま形にしたようなデザインを両立するには、表現や企画を磨き抜く基本的なデザイン力が必要不可欠です。 
私たちNOSIGNERはデザインの鍛錬を続け、建築・空間・インダストリアル・グラフィック・パッケージ等それぞれのデザイン分野において常に世界に伍するクオリティを追求してきました。その結果、現在では様々なデザイン領域で世界をリードするチームになりました。 こうした専門性を活かしながらデザイン領域の垣根を越え、徹底的な観察から目に見えない関係性の糸口を発見し、未来に役立つイノベーションを生み出す総合的なデザイン戦略を描きます。

NOSIGNER leverages the power of design and strives to engage in social practices beneficial for the future. 
We firmly believe in the power of design because a good design can mend broken connections. Design has the power not only to create form, but also to create relationships through form. We have been working under the philosophy of creating the unseen values (NO-SIGN) behind such forms. 
To balance innovative thinking that generates new possibilities and designs that embody the desired relationships, it is crucial to have fundamental design capability to refine expressions and planning. 
We, NOSIGNER, continuously hone our design skills and constantly aim for world-class quality in various design fields, such as architecture, space, industrial, graphic, and packaging design. As a result, we have become a world leader in various design domains. 
Leveraging this expertise, we transcend the boundaries of design disciplines, discover invisible clues to relationships through thorough observation, and draw up comprehensive design strategies that create innovations useful for the future.



主辦單位 Organizer|NOSIGNER、台灣設計研究院TDRI
協辦單位 Co-organizers|設計發浪 Designsurfing、Dosomething studio
總策展人 Curator|太刀川英輔
策展統籌 Curatorial Coordinator|李妮燕、川喜多ノエミ、廖于婷
執行統籌 Executive Coordinator|設計浪人、Queena Lin
數位影片統籌 Video Coordinator|Cowper Wang
策展設計 Curatorial Design|太刀川英輔、川喜多ノエミ、櫻井綾、堀本悠太、神﨑遥
設計輔助 Design Assistant|何恺宁、丹下佳晴、廖于婷
主題音樂製作 Music production|高見澤音楽室
文案統籌 Copy writing coordinator|原田優輝
日文翻譯 Japanese translation|詹慕如
日文校對 Japanese proofreading|李妮燕、Chad Liu、廖于婷
英文翻譯 English translation|柯乃瑜、錢佳緯
英文校對 English proofreading|Jerry Hsu
攝影 Photography |汪德範
Back to Top