why:
How could we publicize Japanese creatives beyond the border.​​​​​​​
why : 
日本のクリエイティブを世界にとどけるために。
​​​​​​​









Japanese creatives are currently being evaluated in the world in terms of quality, but as a matter of fact there are very few Japanese creators working with overseas clients. Unfortunately, there is a large language barrier. In a recent survey, there are only 8.7% of Japanese who feel that they are good at English. (Rakuten Research) Therefore, we organized organizations to disseminate Japanese creatives to the world, where we planned a tour exhibition. For that purpose, we decided to design an "easy-to-move and Japanese-style exhibition platform".

日本のクリエイティブはクオリティ面では世界で評価されている現状があるものの、実態として海外との仕事をしている日本人クリエイターは大変少ない現状があります。残念ながら、そこには言語の壁が大きくあ、調査では、日本人うち英語が得意だと感じている人はわずか8.7%(楽天リサーチ)という結果が出ています。そこで私達は、日本のクリエイティブを世界に発信するための団体を組織し、巡回展示を企画し、そのための「簡単に移動可能で日本的な展示プラットフォーム」を設計することにしました。

















how:
We used the "shinshi" technique for drying traditional textiles.​​​​​​​
how:
日本の伝統的な技法「伸子」を使った展示設計










OBI is a screen made of bamboo, by using traditional skill "Shinshi-bari", used when we dry cloths, achieving a flat, smooth surface. This large size screen is supported only by the tension which is made by bamboo sticks. Around the bar, the needle attaches both ends into the cloth while bending the bamboo. This structure is easy to set up and to deconstruct.

OBIは、日本のクリエイディブを発信するAODJの展覧会のためにデザインした、竹で作られたスクリーンです。反物を乾かすときに使われた伝統技法「伸子張り」を用いて、理想的な平滑面を生み出しています。両端に針がついた竹丸棒をしならせながら布に刺し、その張力のみで長さ12mの巨大スクリーンを構成しています。組立が容易なだけではなく、ノックダウンし再び他の会場で展開することが可能です。日本から発信するクリエイティブの展示空間を、我々のルーツとなる伝統から作り上げました。




now:
Starting within three countries, Japanese social design quickly spread globally.
now:
世界3カ国での展示開催などによって日本のソーシャルデザインが広がる。

















The exhibition was held in Japan, Singapore and Taiwan. In particular, in Taiwan, various social initiatives of Japanese design were introduced as a large scale social design exhibition of 1000 square meters, spreading the social design movement of Japan overseas.

この展示の展開によって、日本・シンガポール・台湾にて展示が行われました。特に台湾では1000平米もの大規模なソーシャルデザインの展示として日本のデザインの様々な社会的取り組みが紹介され、日本のソーシャルデザイン運動が広がりました。











what:
OBI

when:
2012
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Space Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)  
ARTLESS (Shun Kawakami)
Movie Director
PARTY (Masahi Kawamura)
Client
AODJ



Back to Top