why:
A new local industry to restore a deserted museum?

さびれた博物館を復活させる新しい地域産業とは​​​​​​​。​​​​​​​




Within an 18-minute walk from the Uozu station, you will find the Uozu Buried Forest Museum in Uozu City, in Toyama Prefecture–a small town with a population of 40,000 people, only 2.5 hours away from Tokyo. You may not have heard of the name “Buried Forest” before. It is a unique process when trees become fossils in the sand, and is appointed as a natural monument in Japan. Despite opening for 64 years, there have been hardly any visitors in this unusual museum. We questioned how we could revitalize the future in Uozu by renovating the entrance of the museum.



富山県魚津市。東京から2.5時間、人口約4万人の小規模な都市の、駅から徒歩18分のはずれに、埋没林博物館はひっそりと建っています。「埋没林」という名前は聞いたことがないかもしれませんが、砂の中で木が化石になった珍しいもので、日本の天然記念物に指定されています。しかしながら、このマニアックなテーマの博物館は開館から64年が経過し、ほとんど人が訪れない博物館になっていました。その博物館のエントランスを改装するプロジェクトを通して、どうやって魚津の地域の未来を繋ぎ、活性化させることができるでしょうか。





how:
Devised the simplest form of fruit cakes.

史上最もシンプルなフルーツケーキを発明する。​​​​​​​




In Uozu, there was originally a cake shop loved by the area called Lindenbaum, also known for its fruit cultivation. We, therefore, decided to open a store together at the entrance to create a cafe and cake shop that would attract attention from the metropolitan area. We realized that the best design to present the fruit cake to “look exactly like the fruit", where the brand KININAL was born. In Japanese, KININAL means both something that becomes a tree, that is, a fruit; or something that one finds interest or wonder in.

KININAL is a new cake brand that retains the exact appearance of fruits; a cake that looks exactly like a kiwi, a fig, to a cake that looks exactly like a peach. The cream hidden inside completes the fullness of the cake as it makes you think you were eating the whole fruit. There are also fresh juices produced "as it is", where the skin of fruits such as grapefruits and oranges are used as eco-friendly containers. We do our best to be loyal to the environment and what we are able to gain from these trees.



魚津にはリンデンバウムという地域に愛されるケーキ屋さんがありました。また、魚津のある富山県はフルーツの栽培でも有名な地域です。そこで、彼らと一緒にエントランスに出店し、首都圏からも注目されるようなカフェ&ケーキのお店を作ることにしました。 考えたのは、徹底的にフルーツに徹するケーキ。それを実現する一番良いデザインは「フルーツにしか見えない」ということだと直感し、KININALというブランドが誕生しました。 

KININALは、フルーツや木の実そのままの形に徹底的に忠実に提供する新しいケーキブランドです。キウイにしか見えないケーキ。いちじくにしか見えないケーキ。ももにしか見えないケーキなど、フルーツをそのまま丸ごと食べる感覚で、中に隠された美味しいクリームと口の中で融合して、口の中でケーキが完成します。ジュースもまた、グレープフルーツやオレンジの革を用いて、そのまま飲めるエコなスタイル。木になるものに忠実に、を徹底的に行いました。 (日本語でKININALは木になるもの、つまり「くだもの」のことであり、また「気になるもの」のことでもあります。)​​​​​​​








The package is designed with the theme of “fruit specimens”, to best express the essence of the fruits, which is the main characteristic of the cake. The fruit and scientific names are written on the transparent film, designed to look like a 3D stereoscopic book of fruits. The cakes are able to stack on top of one another by using the same lid size. This made it not only convenient for carrying the cake, but also to be beautifully displayed at the same time.



パッケージデザインは、ケーキの特徴である果実感を表現するために「果物の標本」をテーマとしてデザインしています。透明なフィルムには果物の名前や学名が記入されており、果物の立体図鑑になるように設計しています。同じ大きさの蓋を用いることでケーキのスタッキングが可能になっており、ケーキの持ち運びに便利なだけでなく、ディスプレイした姿が美しくなるように工夫しました。








The original typeface "SIMPLA" is a geometric typeface that harmonizes the minimalistic form of the symbol. The "I" is in balanced and placed in the centre, aligned with the symbol.

The shopping bag is semi-transparent, where the product becomes dimly visible when placed inside. The "?" symbol is then visible in front of the product, making us think and "wonder" about what is inside.  To catch people's attention, we arranged for the one symbol to be on the round card, placed on top of the packaged cake. We set the logo to each product to fit accordingly. We used the same logo typeface for the outer sides of the package, as we wanted to show an ascetic and straightforward impression.



ロゴタイプに使用している「SIMPLA」というオリジナル書体は、シンボルのミニマルな造形に合ったジオメトリカルな書体です。シンボルと中央揃えすることを前提に、「 I 」が中心に来るようにバランスを整えました。

半透明素材のショッパーは、商品の中身がぼんやりと見えるようになっています。ショッパーの上部にこのシンボルを配置することで、ぼかしがかかった商品の上に「?」が浮かんでいるよう見え、「気になる」感覚を誘発させます。印象的に見せたいパッケージの天面などはシンボルのみを配置し、目を引くデザインに。シンプルでストイックな印象に見せたいパッケージの側面などはロゴタイプだけをあしらうなど、目的に合わせたロゴの使い分けをしています。








To make the most of the museum’s existing frame, at the same time change the space so that one can come in contact with the waterside area, we constructed an oval-shaped wooden deck that connects the interior and exterior spaces. The wooden floor creates a sense of openness by stretching it out to the open. In addition, we created a KININAL counter made with plenty of local wood, where the glass case has a limited frame for the fruit cakes to stand out to the customers.



博物館の既存躯体を最大限に用いて、水辺空間に触れ合える空間に変化させるために、オーバル型のウッドデッキを増築して内側と外側を繋ぎました。ウッドデッキによって空間的に屋外までつながりが生まれたことで、室内にも開放感を生み出す効果が生まれ、実際よりも広い空間に感じるようになっています。またKININALのカウンターには地元産材をふんだんに用い、ガラスケースを限界までフレームレスで作ることで、果物型のケーキの形が際立つように設計し、ケーキとお客様の体験を近づける工夫がなされています。





now:
Popular on social media, now known worldwide.

ケーキがSNSの話題をさらい、世界中に知れ渡る。

<90,000
The amount of likes on one customers' tweet
あるお客さんのTwitterがライクされた数

x2.5
The increased number of visitors
埋没林博物館の来場者数が2.5倍に増加



KININAL is a small cake shop that quietly opened in the city, that became well-known through social media. It became a popular store that now people queue for. The number of visitors that come to the Uozu Buried Forest Museum increased by 2.5 times, making it an official place to visit in Uozu. Stay tuned for more from KININAL.



ひっそりとオープンした街の小さなケーキ屋さんが、SNSでも大ブレイク。行列のできる人気店になりました。埋没林博物館の入場者数も2.5倍に増加し、すっかり魚津の新名所に変貌を遂げ、これからますます発展する途上にあります。KININALはまだスタートしたばかり。これからのさらなる発展にご期待ください。








what:
KININAL
when:
2018​​​​​​​
where:
Uozu city, Toyama, Japan
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Ryota Mizusako, Shun Kudo)
Sweets Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Linden Baum (Shuichi Tamamori)
Space Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Aki Hamada Architects Inc (Aki Hamada, Musashi Makiyama)
Client
LINDEN BAUM Co., Ltd




Back to Top