The space design for the TECHTILE #4 symposium presents a research of advanced tactile technology.
We designed a huge structure about 7m diameter like bubble membrane in 10m x 10m space.The dialogue under the huge object which awake tactile sensation was organized participant's intellection like bubbles.​​​​​​​

触覚を意識した価値づくりを目指す活動「TECHILE」第4回目のシンポジウムの会場デザイン。YCAMの研究開発チームであるInterLabと研究者・デザイナーが、今年度から2年間にわたる共同研究開発を通じ、触感を表現するための開発環境の構築と、アート、パフォーミングアーツ作品への導入について検証するシンポジウムが開催されました。
10m x 10mの巨大な会場の上に浮かぶ、直径6mの泡のような構造体。触覚を感じさせる、ヒューマンスケールを超えたオブジェクトの下での対話は、様々な思考が泡のように一体となっていくような、集結していくように誘発する構成になっています。















TECHTILE is an activity to reaffirm the value of our haptic sense based on Japanese latest research for tactile engineering. This activity aims to approach the new future of haptic engineering, through connecting people and works from Art, Design , Science, and engineering. We usually have been less-conscious about our sense of touch. But as you may know, tactile sensation is much relate to our essential motivation. You would realize a new concept of values and alternative point of view for the world through an awareness of tactile sensation.​​​​​​​

巨大なバルーン同士の間に、テグスで緊張を与えることによって、圧縮力と緊張力によって自律的に形が決まる構造を作りました。自律性のために形状のコントロールができないので、ライブで形状を検討しながら作ります。巨大な構造ですが、全重量が10kg以下と非常に軽く、施工が容易であるため、ほぼ1日で仕上げることが出来ます。















The structure was balanced by compression of balloons and strain of threads which autonomously decides its shape. We set the form on site because of it's uncontrollableness of autonomy. It's overall weight is less than 10kg, and easy to construct which can be finished within a day.​​​​​​​

触るということについて、普段私たちが意識を向けることはあまりありません。しかし、触感を求めることは、私たちにとって根源的な要求に根ざしています。そして、触感を意識すると、視覚や聴覚だけでは捉えられない、新しい物の見方や価値が浮かび上がってきます。
テクタイルは、日本が世界に誇る触覚技術を基盤として、触感を意識した価値づくりを目指す活動です。触覚という感覚を対象とするだけではなく、人間の受ける触にまつわる印象も含め、広く「触感」という枠組みを検討の対象としています。触感を知る・操る・伝えることについて、アート、デザイン、科学、工学など多様な分野に携わる人びとが同じテーブルで発展的な議論・創作を行うことで、「触感づくり」の未来を提案してゆきます。















We created a space design for the symposium held by "TECHTILE", an activity that created new values in terms of focusing on sense of touch, by using cutting-edge technology. We decorated the hall with balloons of 6 meter high, indicating sense of touch, and a sense of being invisible with the presence of a visible object.  ​​​​​​​


先端技術を基盤とし、触覚を意識した価値づくりを目指す活動「TECHTILE」の、シンポジウム会場を構成しました。触覚を可視化したような直径6mの巨大な風船によるオブジェクトが中央に吊るされ、空間認識を通じて触覚が想起されるようにデザインしています。











what:
TECHTILE #4
when:
2011
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Space Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Kunihiko Sato)
Client
YCAM
Collaboration
TECHTILE



Related Project:


Related Project:








NOSIGNER™ : social design for evolution.

Check out more of our work on:







Thank you for watching!
Back to Top