why:
Enrich the future of humanity through outer space and the stars.

宇宙や星空を身近に感じさせ、人類の未来をより豊かにするために




Humans have been fascinated by the beauty of starry nights and the mysteries of the universe since ancient times. Not only does a sky full of stars conjure hope and calmness, but it also triggers people to reflect on their past and future. Moreover, it also a reminder for a broader perspective that is beyond the boundaries of the Earth. By considering the galaxy as a part of the lifestyles, adults can gain more knowledge, and children can ideate and imagine more freely. It could be a chance for one to have a happier and more prosperous future. In a time where traveling beyond the Earth is possible, people become more familiar to the outer space and the galaxy. We wonder what kind of science communication was essential to spark people's interest and aspiration to journey to this remarkable place.



古来から人類は、夜空に輝く星の美しさに心惹かれ、宇宙の神秘に思いを馳せてきました。満点の星空は、人々に希望や癒やしを与えるだけではなく、自らの過去や未来と語り合うきっかけや、地球という枠を超えた大きな視点を獲得する機会をも提供してくれます。宇宙や星空と向き合うことで、大人はより賢明に、子どもたちの発想はより大きなものとなり、ひいてはそれが快適で幸せに暮らせる人類の未来へとつながるはずです。民間宇宙飛行などの取り組みが加速し、誰もが宇宙空間に行ける時代が近づきつつあるいま、宇宙や星空をより身近に感じさせ、多くの人たちの興味や憧れの対象、旅の目的地にしていくためには、どのようなサイエンスコミュニケーションが求められるでしょうか。
how:
Branding a lifestyle towards space.

宇宙を目指す旅をライフスタイルにするブランディング




We were in charge of the art direction for "Sora Tourism,"  a non-profit organization that is founded by public-private sectors. To explain the charm of the galaxy and the outer space, we strive to promote the universe as "sora" (meaning sky in Japanese) with "sky × travel."  The branding concept of  "traveling towards space" attempts to create an attractive lifestyle that brings happiness, peace, and dreams to the people. Thus, we designed the logo after the spacecraft that was launched in 1977: the "Voyager." Additionally, we utilized the "golden record" from symbolizing the journey into the deep space of stars, to the message for extraterrestrial life. Furthermore, we used illustrations to include various astronomical observational materials; for instance, sightseeing information, news, sky related articles, know-hows, and manuals on the website.



星空や宇宙空間、宇宙の多岐にわたる魅力を「宙(そら)」と捉え、「宙」×「旅」によって多くの人たちに幸せや癒やし、夢を提供することを目指す官民学連携の非営利団体が推進する「宙ツーリズム」のアートディレクションを担当しました。団体が推進する「宇宙を目指す旅」を魅力的なライフスタイルとして定着させていくことをブランディングのコンセプトに据え、ロゴマークのデザインでは、1977年に打ち上げられた宇宙探査機「ボイジャー」に搭載された、地球外知的生命体に向けたメッセージを収めた「ゴールデンレコード」をモチーフに、深遠なる宇宙や星に向かう旅をシンボライズしました。さらに、Webサイトにおいては、宙に関する観光情報やニュース、コラムとともに、天体観測のハウツーやマナーなどをイラストとともに紹介するなど、「宙」を身近に感じさせ、行動を喚起していくコンテンツの制作に注力しています。





now:
Collaborations from a community centered on the universe.

宙を軸にしたコミュニティから、さまざまなコラボレーションが生まれる




With a wide range of members including researchers, former astronauts, travel agencies, media companies, and local governments, we were able to collaborate on various projects such as astronomical observation tours and rocket launch tours. As a result, a community centered on "space" is now expanding. In the future, we will add more contents on the website for people to enjoy and to become more accustomed to the galaxy with astronomical calendars and observation maps. We are also currently searching for product developments such as telescopes and jackets for cosmic observations to aid us to travel to space one day.  We strive to promote science communication, promote the industry, and revitalize the region to support a brand that makes traveling an attractive lifestyle.



研究者や元宇宙飛行士、旅行会社、メディア関連企業、地方自治体など幅広いメンバーが参加する宙ツーリズムからは、天体観測やロケット打ち上げ見学などを目的にしたツアーをはじめ、さまざまなコラボレーション企画が生まれ、「宙」を軸にしたコミュニティが広がりつつあります。今後は、天文カレンダーや天体観測マップなど星空を身近に楽しむためのコンテンツをWebサイトに追加していくとともに、望遠鏡やダウンジャケットをはじめとする天体観測のためプロダクト開発なども見据えながら、宇宙を目指す旅を魅力的なライフスタイルにしていくブランドとして、サイエンスコミュニケーションの促進や産業振興、地域活性化に努めていきたいと考えています。





what:​​​​​​
SORA TOURISM
when:
2018
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa, Tomoro Hanzawa)
Web Design
NOSIGNER (Tomoro Hanzawa)
Frontend
NOSIGNER (Naoki Hijikata)
Illustration
NOSIGNER (Shoko Fujii)
Client
Back to Top