why:
Communicate the value of Shizuoka's largest festival to the world. 

静岡最大のフェスティバルの価値を、世界に向けて発信するためには




Daidogei World Cup in Shizuoka is a street performance and performing arts festival held every November. As the branding director of Shizuoka City's concept for "On Stage Shizuoka," we decided to work on branding Shizuoka's largest festival. Daidogei World Cup has been popular with its residents as an event to mobilize around 1.6 to 2 million spectators in less than a week. It can be said that this is one of the most unique street performance festivals in the world. However, its popularity overseas was never great.

In collaboration with students, volunteers, and other supportive citizens of the event, we wanted to appeal the potential of one of the biggest international festivals in the world of street performers from various fields. We questioned what kind of branding was necessary to promote the potential of one of the world's best festivals in Japan.



大道芸ワールドカップ in 静岡は、毎年11月に開催されるストリートパフォーマンス、パフォーミングアーツの祭典です。静岡市が掲げる「まちは劇場」構想のブランディングディレクターを務める私たちは、この祭典のリブランディングを行うことになりました。1週間に満たない会期中に、延べ160万~200万人の観客を動員するこのイベントは、静岡最大のフェスティバルであるだけでなく、ストリートパフォーマンスの祭典として世界でも他に類を見ないものだと言えます。しかし、これまでも多くの地域住民には親しまれてきましたが、一方で県外および国外における認知度は決して高いとは言えない状況でした。これまでイベントを支えてきた学生やボランティアをはじめとした市民の方たちとも協働しながら、海外で活躍するさまざまな分野のストリートパフォーマーが集う世界でも指折りのフェスティバルのポテンシャルを国内外に訴求していくためには、どのようなブランディングが必要になるでしょうか。





how:
Collaborative schemes with students to achieve consistent branding.

学生との協業スキームを描き、一貫したブランディングを実現する




To show this event to the world as a street performance festival, holding the potential to attract the audience of the Edinburgh International Festival, we re-designed the traditional logo that written initially in Western notation to incorporate kanji. The purpose is to spread the Japanese word "Daidogei" to the world as an international Japanese word alongside words such as "kimono" and "sushi."

We held a competition aimed at local students, where were conducted workshops in advance to share mood boards and set key colors, to produce the key visual for this festival. With the students' works designed with a certain tone, we achieved a consistent visual development. Furthermore, we are proving the festival's size and capacity taking place in a short period of one week. We are now working on fact checks with various measures to apply for the Guinness Book of World Records.



屋外で開催されるストリートパフォーマンスのイベントとして、世界最大のパフォーミングアーツの祭典「エディンバラ国際フェスティバル」に迫る集客力やポテンシャルを持つ「大道芸ワールドカップ」を世界に向けて発信していくために、欧文表記だった従来のロゴを、漢字を取り入れたデザインに刷新しました。「大道芸」という日本独自の言葉を、「着物」や「寿司」などに並ぶ国際的な日本語として世界に広めていくことがその目的です。さらに、地元の学生によるコンペで制作されていたキービジュアルに関しても、事前に学生向けワークショップに行い、ムードボードの共有やキーカラーの設定などに取り組みました。これによって、学生たちの出品作には一定のトーンが保たれ、これまで以上に一貫性を持ったヴィジュアル展開を実現させることができました。

さらに、1週間という短期間で行われるストリートパフォーマンスの祭典として世界最大規模であることを証明するために、ギネス申請に向けたファクトチェックを進めるなど、名実ともに世界一のフェスティバルとして認められるように、さまざまな施策に取り組んでいます。




Grand Winner: Mirai Miyamura (Shizuoka Design College)
グランプリ:宮村未来 (静岡デザイン専門学校)




Winner Runner-up: Haruka Suzuki (Shizuoka Design College)
準グランプリ:鈴木春香 (静岡デザイン専門学校)




Selected Winner: Wakana Oishi (Shizuoka Design College)
入賞:大石和奏 (静岡デザイン専門学校)




Selected Winner: Chiaki Oguri (Shizuoka Design College)
入賞:小栗千秋 (静岡デザイン専門学校)








What:
DAIDOGEI WORLD CUP in SHIZUOKA
when:
2019
where:
Shizuoka City, Japan
who:
Art Direction
NOSIGNER (Eisuke Tachikawa)
Graphic Design
NOSIGNER (Tomoro Hanzawa)
Collaboration
Client
Winners from Shizuoka Design College
SHIZUOKA DESIGN COLLEGE (Mirai Miyamura, Haruka Suzuki, Wakana Oishi, Chiaki Oguri)



Related Projects:



Back to Top